【グラブル】カリバーズのブログ

カリバーズ式エンジョイマル秘情報がこの一冊に!

【グラブル】初心者から中級者へ 武器強化Vol.4


当初は適当に並べてきた武器×10本


 

 ここからは「召喚石」が肝要なのだ


◆メイン(自分)石×フレンド(借り物)石

  

 *召喚石編成画面
 武器編成画面同様左の大きなマス目が「メイン石」。ここには「属性系」「マグナ系」「キャラ(アーカルム)系」「オプティマ系」のいずれかを装着。そして戦闘に突入する際に選択する召喚石が「フレンド石(サポーター石)

 

 武器編成時に並べた武器種類によって
 それぞれ的確に選択する必要がある


◆属性×属性

 

 *メイン石もフレ石もバハムート
 最もスタンダードでゲーム開始直後からマグナ編成へと移行する期間主に重宝する組合わせで「N攻刃」が編成に多く使われている場合で利用されます。

 

 *このようなゲーム初期の編成で使用
 特徴しては強みも弱みも特に「無い」のが特徴。中にはこの編成でダメージを出す特別な編成もあるようですが、まずは先に「マグナ」への乗り換えを。
 団長はこれを独自に「倍カラー編成」と呼んでいます。

 


◆マグナ×属性(順不同)

 

 *団長の実に悩ましい右下
 初級騎空士から上級騎空士まで幅広く用いられる最大マジョリティ。主に「M攻刃」が多く投入された武器編成で力を発揮しますが、しかし上の「倍カラー編成」の威力を上回る為には本数×高SLvが必要で、更に「六属性」全部となるとかなりの時間を有しますので焦らず気長な旅路をオススメします。

 

 *属性石はそこまで拘らなくても良い
 特徴としてはメイン(フレ)石に用いる召喚石の「☆数」が重要で、「3以上(★★★)」以外の石では「まるでお話にならない」。攻撃力が全く出ず、マグナ武器を数並べても「倍カラー編成」にも劣ってしまう事も。


 ワンポイント
 10本全部「M攻刃」にすればいいものではなく、属性によって異なるものの大体「5~6本」が適正。他は「N攻刃」や「E攻刃」、「バハポン」「セラポン」で埋めると吉。


◆キャラ×属性(フレ石は必ず属性になる)

 

 主に「アーカルムの転世」によって取得できる「アーカルムシリーズ」なる召喚石をメインに据えたかなり特殊な編成。「E攻刃」を主軸に「M攻刃」を配してくのですが、オレンジ枠の「得意武器」等で威力が発揮される特殊な武器との相性が良い。

 

 *「バハポン」は厳密には赤枠(N攻刃)
 特徴としては「N攻刃」が殆ど役に立たないので「リミテッドシリーズ」のような高級な武器が無くても並のマグナ編成より強くなります


 ワンポイント
 「水」と「土」が特に強く、他の色に比べてマグナを早い段階で上回ります。運よく「ゼノシリーズ」が「3本以上」確保できた場合にはマグナ編成から移行判断となる


◆オプティマ×属性(順不同)

 

 「神石」と呼ばれる強力な召喚石を用いた強力な編成で、およそ「倍カラー編成」の高級版に位置します。その効果は「N攻刃」の能力を最大限に引き出すことができ、ただでさえ強力な「リミテッドシリーズ」の威力を更に強化します。

 

 *赤枠と紫枠は同じ「N攻刃」だが「格」が違った
 強さを求める騎空士が目指す究極の編成。機能させるためには「10本中3本以上の4凸リミテッド武器」が必要で、ガチャ運に恵まれるのは勿論、「ダマスカス鋼」が大量に必要でおよそ「パンピー」にはオススメできませししないです。

 

 *アンパンピーの例


 余談
 「オプティマ石がフレンドのオプティマ編成」は特に「借り物石」と呼ばれ、実用には問題ないがちょっと寂しい思いをする事も

 

 だが貴重な「金剛晶」を消費するくらいならプライドを下げて……!


◆まとめ
 シミュレーターを活用しよう

 

 *編成の矛盾点に気付いたら中級者以上
 編成の種類その上「本数」などによっても各種の「攻刃」の威力が変化する為、よりダメージが出せる攻刃の「配分」はシミュレーターを使うほかない。手持ちの武器をどういうふうに配分すればよりダメージが出るのか、そこから次はどのような武器を投入すべきか自身の目で確かめてみよう。


 次回は実践の中でダメージを増加させるバフデバフ」について